バーチャルオフィスはランニングコストを抑えたい時に便利

都会

起業準備中や起業間もない期間はバーチャルオフィスで乗り切ろう

起業を計画している、もしくは起業間もない時期は収益も安定しないことからオフィスの賃料や水道光熱費などの固定費支出は大きな負担になります。また、賃貸オフィスの場合、初期費用として敷金や礼金、内装工事費用なども負担となり、限られた資金を減らしてしまいます。そこでバーチャルオフィスを利用するのが効果的な上、契約時の審査に悩まされることもありません。
バーチャルオフィスのメリットは、賃貸物件のように敷金や礼金、内装工事が不要という点にあります。家賃の数ヶ月分だけで数十万円から百万円を超える負担を抑えることができます。また、賃貸物件を事業目的で契約する際、入居審査が問題になることもあります。特に賃貸オフィスの場合、事業実態が確認できることや決算書類の提出が必要になるといったこともあり、起業準備や間もない時期には契約ができないこともあります。しかし、バーチャルオフィスなら起業準備から契約することができ、経営者の個人名義で契約して、利用開始後に法人登記することもできます。賃貸物件の場合、法人登記が済んでいることが条件になるケースがあるものの、バーチャルオフィスならこれらを解決することができます。バーチャルオフィスを利用することで起業時のオフィス問題を解決しましょう。また、バーチャルオフィスなら仕事場を自宅にしたままということもできます。

Headline

起業準備中や起業間もない期間はバーチャルオフィスで乗り切ろう

起業を計画している、もしくは起業間もない時期は収益も安定しないことからオフィスの賃料や水道光熱費などの固定費支出は大きな負担になります。また、賃貸オフィスの場合、初期費用として敷金や礼金、内装工事費用なども負担となり、限られた資金を減らしてしまいます。そこでバーチャルオフィスを利用するのが効果的な上、契約時の審査…

MORE

バーチャルオフィスはビジネスにも問題なく使えます

バーチャルオフィスは便利ではありますが、詳しい実態を知らない人だと本当にビジネスに活用できるものなのか疑問に感じておられる方も少なくないでしょう。特にバーチャルオフィスは貸し住所という形でのサービスであるため、法人登記や法人口座の開設が出来ないと思っている方もいらっしゃいます。結論から言うと法人登記も法人口座の開…

MORE

What's New

  • 格安でオフィスを手に入れられるバーチャルオフィスを利用しましょう

    会社を作ったり個人的に事業を始めた時に実際に仕事をするのが自宅や出かけ先であったとしても、事業として展開していくためには専用の住所が欠かせないものです。しかし事業所を設置するとなると、高額な費用…

    MORE
  • 充実した代行サービスがあるバーチャルオフィス

    オフィスを作らなくても仮想的にオフィスを構える事が出来るバーチャルオフィスは、金銭的な理由からオフィスを構える事が出来ない起業したての会社や資本力の小さな会社にとって欠かせないサービスです。しか…

    MORE