バーチャルオフィスはランニングコストを抑えたい時に便利

都会

バーチャルオフィスを利用するメリットとは何?

会議室

バーチャルオフィスというサービスの存在をご存知でしょうか。
バーチャルオフィスというのは簡単に言うと、事業のための住所の貸し出しを行っているサービスの事です。
バーチャルという言葉通り、実際のオフィス空間を貸し出すのではなく、事業を行う上で信頼を得るためにも重要な住所のみを借りることができます。
今の時代、わざわざオフィスに出勤して働くのではなく、自宅やカフェなどを利用して自由に働くという働き方をとる方も、増えています。
しかしそれでも、事業上の住所というのはあった方が何かと便利なため、バーチャルオフィスを利用する方が多いのです。
たとえば法人登記の際など、自宅の住所を利用するのが躊躇われる場合、バーチャルオフィスを利用する方が多いです。
そんなバーチャルオフィスですが、バーチャルオフィスを利用するメリットとは何なのか。
バーチャルオフィスの一番のメリットはやはり、一等地の住所を安い料金で使用できるという点です。
実際にオフィスを構えるとなると、敷金礼金を始めとした初期費用と、家賃と云う高いランニングコストを支払わなければならない場所であっても、バーチャルオフィスなら関係ありません。
そのため、初期コストを抑えて事業を始めたい事業主の方には、バーチャルオフィスがおすすめです。

所在地と打ち合せ場所を確保したい時はバーチャルオフィス

個人事業主の方で、会社所在地や打ち合わせ場所の確保に悩まされるということは少なくはありません。仕事は自宅で行えるものの、自宅住所をホームページや名刺に表示することは、ビジネスとプライベートの切り分けが難しくなるだけでなく、トラブルになることもあります。しかし、バーチャルオフィスなら仕事場は自宅のままにし、会社所在地は別住所とすることができます。さらにバーチャルオフィスは住所利用だけでなく、会議室やセミナールームなども利用することが可能になっています。
例えば、取引先との打ち合わせを自宅では行いたくないという際、貸会議室や飲食店などを利用していたのがバーチャルオフィスの専用スペースを利用することが可能になります。また、バーチャルオフィスといっても受付にはスタッフが駐在しているため、来訪者への対応も問題になることがありません。バーチャルオフィスだけでなく、レンタルオフィスやコワーキングスペースも同時運営されているため、住所からバーチャルオフィスだと判断することも困難です。さらにバーチャルオフィスなら月額数千円ほどでオフィスを構えられ、会議室なども一定時間の利用まで無料など会議費の節約も可能になります。そのほかにも、電話受付のサービスもあり、一人で事業を行う方の場合、受付スタッフを低コストで確保することも可能です。

取引先にバレないようにバーチャルオフィスを利用するには

折角仕事を始めるのであれば、信頼性の高い一等地の住所を使いたい、そんな希望を叶えてくれるサービスが、オフィスそのものではなく住所だけを借りることができるバーチャルオフィスです。住所を借りるのみなので、料金はとても手頃な上に、敷金や礼金など契約の際にかかる初期費用も必要としません。ただ、書かれている住所にオフィスがないことに気付かれたら、信用を落としてしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。そんな人でも、安心して利用できるようにバーチャルオフィスには様々なサービスが用意されています。
バーチャルオフィスでは、住所を借りる以外に、郵便物や宅配物の転送も行って貰うことができます。そのため、WEBサイトに記載した住所に送られて来た郵便物が、あて先不明で送り返されてしまうという心配がありません。さらに、その都度取りに行く手間も必要ないため、その分仕事に集中をすることができます。さらに、あれば利用しておきたいサービスが電話の転送です。住所は一等地でも、電話番号は携帯電話のみとなっていれば、怪しまれてしまう可能性があります。それに対し、その住所に合った固定電話の番号が記載されていれば安心感を与えることができます。そんな電話転送サービスなどを上手く活用すれば、怪しまれることなくバーチャルオフィスを使い続けていくことができるでしょう。

たとえば、電話や郵便物の転送サービスを備えた【レゾナンス】のバーチャルオフィスの場合、こうしたオプションサービスの程度によって月額利用料が変化します。自分に必要なオプションを選択して、最適な利用プランを選ぶことができるため、このように柔軟性の高いバーチャルオフィスは特におすすめです。

Headline

起業準備中や起業間もない期間はバーチャルオフィスで乗り切ろう

起業を計画している、もしくは起業間もない時期は収益も安定しないことからオフィスの賃料や水道光熱費などの固定費支出は大きな負担になります。また、賃貸オフィスの場合、初期費用として敷金や礼金、内装工事費用なども負担となり、限られた資金を減らしてしまいます。そこでバーチャルオフィスを利用するのが効果的な上、契約時の審査…

MORE

バーチャルオフィスはビジネスにも問題なく使えます

バーチャルオフィスは便利ではありますが、詳しい実態を知らない人だと本当にビジネスに活用できるものなのか疑問に感じておられる方も少なくないでしょう。特にバーチャルオフィスは貸し住所という形でのサービスであるため、法人登記や法人口座の開設が出来ないと思っている方もいらっしゃいます。結論から言うと法人登記も法人口座の開…

MORE

What's New

  • 格安でオフィスを手に入れられるバーチャルオフィスを利用しましょう

    会社を作ったり個人的に事業を始めた時に実際に仕事をするのが自宅や出かけ先であったとしても、事業として展開していくためには専用の住所が欠かせないものです。しかし事業所を設置するとなると、高額な費用…

    MORE
  • 充実した代行サービスがあるバーチャルオフィス

    オフィスを作らなくても仮想的にオフィスを構える事が出来るバーチャルオフィスは、金銭的な理由からオフィスを構える事が出来ない起業したての会社や資本力の小さな会社にとって欠かせないサービスです。しか…

    MORE